×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   T 信仰と宗教について  
     
   1. 序  
    私は、信仰を持たない「無神論者」である。正確には、私は信仰を持ちたかったのに持てなかったので「無神論者」である。私は良き人間になりたいと思って生きてきた。私の夢は、死の直前にこの人生でもっとも良き人間になって死ぬことである。そのために、私はずっと探求を続けてきたし、今でもその探求は続いている。このホームページは、みなさんに全く新しい宗教と信仰を始めてもらおうと思って開設した。教祖なし、グルなし、指導者なしの宗教である。だが、世界にいる全ての人にこの新しい宗教をおすすめすることはできない。まだその時ではない国や地域の人々も大勢おられるのだ。だから、このホームページは、今の先進国と呼ばれる国で生きておられる方向けに書いている。それに、ある程度の知性や理性をお持ちの方向けに書いている。ここに書かれたことが、どこででも通用するというわけではないという理由は、みなさんがこのホームページを読み進めるうちに、おいおいお分かりになると思う。
 さて、もし仮に、みなさんが、私と同じような思いをお持ちになったとしよう。「良き人間になりたい」と思われたのだ。でも、『正直「良き人間」とは、どんな人のことを言い、何をしてどう生きている人のことを言うのか?』とお考えになると思う。ただ漠然と「良き人間」になりたいと思ったとしても、私自身がそうであったのだが、どこから何を始めたら良いか、全く見当も付かないのである。一方で世界には「偉い人」というのがゴマンといる。歴史上でも、現代でも「偉い人」は大勢おられる。だが、その中で一体「良き人間」が誰かがわからない。それが分からないので、誰かに目星をつけてその人のことを研究し、真似をして生きてゆく、というような方法も取れない。とは言え、とにかく何かを始めないといけない。「良き人間」とは一体どんな人のことをいうのか、理解しなくてはいけない。
 みなさんもこんな気持ちになったとしたら、普通の人なら、とりあえずこれの探求から始めるのが妥当だと考える。「宗教」である。ゴーダマさんや、イエスさんのことを知りたいと思い、ムハンマドさんまで手を伸ばすかどうかを迷い、まぁそれはちょっと先にしておいて、身近なところで孔子さんや老子さん、親鸞さんや法然さんあたりまで探求したら、何か見えてくるだろうと思われるはずだ。事実私はそのように探求を続けていた。とは言え、残念ながら私にはさっぱり何もわからなかった。「良き人間」になりたいと思い探求を続けているのに、何も見えてこないのである。そこで、私は旧来の宗教から、新興宗教へと探求の手を伸ばした。ついでに、インドや世界各地におられるグルと呼ばれる人たちや、ニューエイジと呼ばれる方々、チャネリングとやらで「宇宙人」さんにまで手を伸ばしたのだが、これだけしても私にはやっぱり何もつかめない、本当に何も理解できなかったのである。
 さて、私はこの探求の傍らで、「物理学」をはじめとする自然科学の探求も行っていた。私は、科学と宗教という二つのことがらを同時進行で探求をしていたわけだが、あるときふと気づいたことは、結局、科学も宗教も、人が「宇宙」というものを理解する試みに過ぎないということである。そして「宇宙」というとてつもなく大きなものを理解することなくして、「良き人間」にはなれないことに気づいたのである。それからの私は目標を変えた。「良き人間」にではなく、「この宇宙にふさわしい人間」になることにして、そのためにこの「宇宙」というフィールドのことをよく知り、このフィールドが持つ特徴やメカニズムをよく理解した上で、なれるものならこの宇宙にふさわしい人間になろうと考えたのである。
 
 自然科学の基礎をなす物理学はこの宇宙のことを最も良く教えてくれる学問である。それに、自然科学の中でも最も良く「体系化」されていて、全ての学問の中で「数学」についで「学」の名にふさわしいものだ。物理学者が自然の中から掬いだした「物理法則」もまた、ルール同士の整合性の良い無矛盾な体系を構築しているから、「理性」を持って「宇宙」を理解しようとするには、まさにうってつけの学問であるといえる。
 私は、物理学から実に多くのことを教えてもらった。何より、この「宇宙」というフィールドがとても素晴らしいフィールドであり、そこに住んでいるというだけで誇りに思えるような、そんな場所であることを知った。だから、今の私はそんな素晴らしいフィールドにふさわしい行動を取るように心がけている。どうやったら、「この宇宙にふさわしい人間」になることができるのか、それも物理学が教えてくれたから、今の私には、はっきりした目標もあれば、何をなし、何をなしてはいけないかについても良くわかっている。
 世界には、旧来の宗教とそれらに対する信仰が必要である人も国もまだまだたくさんある。だが、私たちの国や北米やヨーロッパの人たちは、今の宗教と信仰から解放されて、新しい信仰を持つべきであると私は考える。私がこのホームページでみなさんに伝える宗教と信仰は、斬新で思いもよらぬものだが、この宗教と信仰こそ、この「宇宙」が私たち人間に真に求めるものであることを私は断言する。
                                   著 者
 
   top   up   next  back     
   
2013  all right reserved by Naniwa no Tetsugakusha